M.Y.E. (株)エム・ワイ・エンジニアリングお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。お問い合わせフォームもご利用いただけます。

2003.7月号 NICO press“ちょっと気になるチャレンジ企業訪問記”

NICO press

プロ集団だからこそ可能な、技術開発&コーディネーター役

 エム・ワイ・エンジニアリングは、現・相談役の吉田實さんが勤務していた当時の部下4名と資本金の100万円を出資し合って設立された会社です。
 「もともと水処理関連製品のステンレス製品のタンク設計に携わっていたので、そのノウハウと、地元のステンレス加工技術を活かし、特殊ステンレス製品の開発・設計、製造を請け負う会社を立ち上げました」。いわば生産設備を持たないファブレス企業です。8名中、事務員をのぞく7名の社員が、開発から設計、CADをこなす開発スタッフですし、メーカーとの共同開発が多く、新開発には長岡技術大学をはじめ、専門分野の人たちの協力を得ているそうです。
 全国のガソリンスタンドで使われている「エア・キャリー(空気圧調整用のタンク)」、農林水産省技術開発補助金により開発した「真空漬物自動製造装置」、最近では「半導体製造用レンズを密閉するタンク」など、多種多様の製品を世に送り出しています。実験・開発はトライの連続。約5割が商品化されますが、たとえ失敗しても図面を次の開発に活かすことができるためノウハウは蓄積されます。
 「お客さまの信頼が第一です。おかげさまで人脈が広がり、今ではイギリスのグラスゴー、アメリカのヒューストンなど、世界10カ国以上の企業とダイレクトで取り引きさせてもらっています」。

経常状況をオープンにすることで風通しのよい会社に

 経営についても同社はベンチャー的な社風を持っています。社員それぞれが顧客を担当し、顧客別に受注・納品、売上、メンテナンスを管理しています。また社員はみな株主であり、経営計画、昨年度実績、売上高など、経営状況はもちろんのこと、吉田さんの給与までもすべて開示しています。そして創業以来、利益の3分の1を開発、3分の1を株主配当として従業員に還元、残り3分の1を社内留保とすることを、継続しているそうです。
 「会社は社長個人のものではない。だから私は身内を会社に入れません」と吉田さんは言います。社員の裁量を正当に評価し、社内の風通しをよくすることで、フリーなディスカッションの場を作っています。「ものづくり集団」のフロンティア精神は、経営にも新風を呼び、企業の新たな可能性を切り開いています。

これまでの掲載誌

---

COPYRIGHT (C) M.Y.ENGINEERING CO., LTD.  ALL RIGHTS RESERVED.