記事紹介article introduction

2007年11月号 NICO Press “わが社の○○”

社員の成長を促す「仕事を任せる」体制

Nicopress 株式会社エム・ワイ・エンジニアリングは、水処理用ろ過タンクの設計・開発からスタートし、今では食品業界、半導体関連など、さまざまな業種からの開発依頼が集まってくる。取引先の8割が大手メーカーであり、その多くが口コミで増えた顧客であることからも、同社の開発力が高く評価されていることが分かる。
 社員は7名。顧客ごとに担当者を決め、その上で開発内容によって、各人の得意分野を考慮しながらメンバーを決定。全員でアイデアを練ることもあるほか、時には工業技術総合研究所や、長岡技術科学大学など、専門家のアドバイスを受けることもある。また、常に利益の3分の1を開発費に充てているのも、よりよい開発環境作りにつながっているようだ。
 創業者である吉田相談役が社訓に掲げ、社員に話していることは、「自分でトライしなさい。失敗しても、その分、自分を大きくしていきなさい」ということ。「初めて作るのですから、当然失敗も多い。しかし、それはノウハウの蓄積になり、必ず次に役立ちます。自分を成長させるために、自分で挑戦してほしい。それもあって、担当者には仕入れなど全ての権限を任せています」と吉田相談役は語る。

創業時から協力工場との信頼関係を重視

 開発する時には、正面からだけでなく、裏からも見る「逆の発想が大切だ」ということも、折に触れて伝えている。かつて、ポテトチップス用のスライサーを開発した時、課題は、カッターの刃が風を切って回るうちに、イモのデンプンが乾き、切れ味が悪くなること。そこで、カッターではなく、イモを動かせばいいのでは、という逆の発想が、成功を生んだ経緯がある。このアドバイスによって、社員のものの見方にも変化が出ているという。
 また、20数社に及ぶ協力工場の存在も大きい。同社では、開発・設計の他は、組み立てと最終検査が自社の仕事で、部品製造は周辺の協力工場に依頼する形をとってきた。社員には、「外注とは呼ばない、よほどのことがない限り工場を変えない、無理な値下げ交渉はしない、自社には設備を入れない」といった点を言い聞かせている。「同じ仕事をやっていく仲間である、という意識でなければ、強い信頼感は生まれません。多少の困難にも、一緒に取り組んでくれる協力工場の存在はとても大切」と吉田相談役は力を込める。
 任せることによって社員を育てる社風と、協力工場のバックアップ体制。それらが、同社の開発力を大きく成長させ、信頼を獲得する結果を残し続けてきた要因と言えそうだ。